iphoneの画面が割れてしまった時の修理内容と画面割れの予防方法


ガラスと液晶の交換が基本

iphoneは落下させるなどで画面が割れてしまうことがよくありますが、基本的に修理をする場合は割れてしまった部分を新しい部品に交換することになります。そしてiphoneの画面は表面のガラスとその奥にある液晶に分かれています。液晶が無事であればガラスのみの交換で済みますが、画面の一部が黒くなってしまったり、操作ができないなどの症状が出ていれば液晶も交換しなければなりません。いずれの場合もiphoneの表面部分を交換するだけなので、専用の機具を使ってiphoneを開いた後に新しい部品をはめ込むという、比較的シンプルな内容で済みます。正規の修理に出せば手続きなどで数日かかりますが、身近にある修理店であれば、1時間程度で完了できるところもあるでしょう。

衝撃から守ることが大切

iphoneの画面割れを予防するためには、まず直接的な原因となる落下を防ぐことが大切です。iphoneは素の状態だと滑らかな表面をしているため、手から滑り落ちてしまう可能性が高いです。そのため皮やゴムなど、摩擦力が高く手にしっかりと馴染むケースを使用すると良いでしょう。またiphoneの背面に取り付けて、操作をする際に指を引っ掛けておくパンカーリングの使用も有効的です。そしてもし落下させてしまった時のために、衝撃を減らすことも考えなければなりません。したがってiphoneケースは手への馴染みやすさと共に、クッション性の高さも重視して選びましょう。特にiphoneは角から地面に落下した時に画面が割れやすいので、角が厚くなっているケースが望ましいです。

iphoneの修理サービスを受ける際にはデータの初期化が必須となります。そのため、失いたくないデータがあるのならば修理を受ける前にバックアップを取る必要があります。

Menu